今やわたしたちが生活している社会で、自動ドアは当り前の存在となっています。近くのコンビニや病院、銀行、ショッピングモールなどあらゆる場所に自動ドアは設置されています

そんな自動ドアは建物の「顔」と言えるのではないでしょうか?

自動ドアは建物の「顔」

自動ドアは「顔」室内に自動ドアが設置されていることももちろんありますが、自動ドアの設置場所と言えば建物のエントランス、つまり、玄関です。

オフィスビルの入り口、マンションやアパートの玄関、ホテルのエントランス、病院や銀行などに共通していることは、入り口に自動ドアを導入しているということです。ですから、建物の「顔」ともいえる自動ドアは、建物の中で一番目立ち、人目につく設備と言えるでしょう。

自動ドアが壊れているとイメージダウンに・・

もしオフィスの自動ドアや飲食店、病院などの自動ドアが壊れたまま放置されているならどのようなイメージを受けるでしょうか?きっと悪い意味で目立ち、自社のイメージダウンにつながることでしょう。ただの故障でもイメージダウンとなるのに、それが事故によるアクシデントでそのまま放置しておくなら二次災害を引き起こす可能性もあります。

ですから、人目につく自動ドアに故障や不具合、アクシデントなどが生じたら早急に修理するなどの対処をしましょう。そうすることで建物の「顔」のイメージをクリーンに保てます。

故障しないよう定期的に点検をしよう!

自動ドアに寿命は、使用する頻度とメンテナンスの頻度にかかっています。定期的に点検をし、劣化した部品を早めに交換することで故障による修理などを回避することができます。

ですから、エントランスに設置している自動ドアは特に利用頻度が高いので、定期的に点検やメンテナンスをすることは必要です。素人が自動ドアの点検やメンテナンスを行うことには限界がありますので、自動ドア専門のプロの業者に点検やメンテナンスを依頼することをおすすめします。

まとめ

自動ドアは建物の「顔」です。もし自動ドアが故障したまま放置されているなら、イメージダウンとなり、多くの方にマイナス評価を与えてしまうことでしょう。故障してもすぐに修理するなどの対応をするなら問題はありません。

しかし、故障が起きないように定期的に点検やメンテナンスを行うことで、自動ドアの故障を回避することができ、長い期間使用することができるでしょう。