近年、自宅にて家族の介護を行う人が増えており、それに伴い自宅の引き戸や扉を自動ドアへと変える家庭も少なくありません。

介護のために自動ドアにすることで、介護の負担を減らすこともできます。では、家庭用自動ドアについて詳しくみてみましょう。

「介護保険制度」で後付け自動ドアを設置することが可能!

近年人気の家庭用自動ドア自宅へ介護のために自動ドアを設置する場合には、「介護保険制度」が適用されます。たとえば、普通の家庭用のドアに、自動ドアの動力部自体をそのまま後付けするだけで簡単に自動ドアへと変えることが可能です。

これにより、自宅をバリアフリー化へと図ることで、介護しやすい生活環境を手にすることができます。介護保険制度が適用されたら、自治体によって若干条件が異なりますが、最大18万円の給付金が受け取れる場合もあります。

家庭用の自動ドアも修理が必要になる場合がある。

自宅に自動ドアを設置することで、高齢者や体が不自由な方が快適に過ごすことができるようになります。その場に近づくだけでドアが自動的に開いたり閉まったりするので、力を使う必要がありません。近年、自宅に自動ドアを設置する家庭は増えてきていますが、残念ながらまだどこの家庭でも普及しているという段階ではありません。

しかし、高齢化社会に伴い、今後ますます家庭用の自動ドアが普及してくることが予想されます。そうなれば、修理が必要になった場合、施工費用も安くなることでしょう。素人では修理することが難しいので、もし何らかのトラブルが生じたなら、すぐに自動ドア専門の業者に相談するようにしましょう。

自動ドアの修理なら「スマートサービス」

家庭用の自動ドアはもちろん、自動ドアに関する修理や取り付けのことなら「スマートサービス」が心強い味方となりサポートしてくれます。日本全国を対象エリアとしているので、どこにお住いの方でも、すぐに現地へと赴き調査をし、提案を受けることができます。調査や見積もりは無料です。

家庭用の自動ドアを検討してみたい!という方は、まずスマートサービスに相談してみるのはどうですか?

まとめ

高齢化社会に伴い、自宅にて家族の介護を行う家庭も増えており、自動ドアを設置する家庭も少なくありません。家庭用の自動ドアを設置することで、高齢者や体が不自由な方が快適に過ごすことができています。この機会に、家庭用の自動ドアを検討してみるのはどうでしょうか?