自動ドアを使用しているマンションやアパート、店舗などは、定期的な点検とメンテナンスを行うことは必須です。なぜなら、手動とは違い電力で動くドアなので、万が一故障などで大きな事故につながることもあるからです。

特に自動ドアの部品は消耗品ですので、劣化は故障の原因となります。では、自動ドアの寿命はどのくらいなのでしょうか?

自動ドアの寿命はどのくらい?

自動ドアの寿命はどのくらい?自動ドアの寿命は、10年から15年程度と言われています。寿命に幅があるのは、使用頻度が関係しているからです。いずれにせよ、長くても寿命は15年と言われていますので、その期間中、快適に、そして安全に使用することができるよう、定期的な点検とメンテナンスを行うことは必須です。

特に消耗品などは、数年に1度、必ず交換する必要があります。そのため、多くの自動ドアメーカーでは3年から4年ごとに点検修理を実施するよう推奨しています。自動ドアは車と同じで、定期的に部品を交換したり、点検を行うことで長い期間、安全に使用することが可能です。

消耗品が劣化している状態で使用を続けるなら故障の原因となり、大きな事故につながりまねません。ですから、日頃から定期的に点検とメンテナンスを行うことで自動ドアの寿命を延ばすことができます。

交換が必要になる部品とは?

では、交換が必要となる消耗部品には何はあるのでしょうか?「ドアハンガー」は劣化すると、異音が発生したり、ドアの開閉動作に乱れが生じます。そして脱輪などの大きな事故につながる可能性があります。「ブリー(滑車・歯車」も劣化により異音が発生し、作動が停止したりします。

「モーター」つまり、ドアエンジンも劣化により動作不良を起こします。「センサー」が劣化すると開閉を繰り返したり、突然ドアが閉じたりなどのトラブルが発生します。このように自動ドアは多くの部品で成り立っており、部品が劣化することで故障や事故が発生しやすくなるので点検やメンテナンスを定期的に実施しましょう。

自動ドアのメンテナンスなら「スマートサービス」へ

自動ドアの点検やメンテナンスで多くの方から選ばれている業者「スマートサービス」は、ナブコ、寺岡、ミリオンなどの各メーカーの自動ドアに対応しています。点検やメンテナンスはもちろんのこと、修理や新規取付も可能です。

自動ドアのプロがすべて対応してくれるので、安心して利用できます。業界トップクラスの低価格で提供しており、見積もりは無料です。まずはスマートサービスに相談してみませんか?

まとめ

自動ドアの寿命は、長くても15年程度と言われています。少しでも寿命を延ばすためには、定期点検とメンテナンスが欠かせません。そして、劣化した部品を交換し、故障や事故を回避することで長く使用することができます。